1954年創立。東京・有楽町の法律事務所。
20名超の弁護士が、解雇・退職、賃金・残業代等の労働事件の他、破産、相続・離婚等の事件、法律相談を扱い、労働審判も多く手がけます。
法律相談 詳細はこちら
過労死
マタハラ
お電話でのお申込み TEL:03-3580-5311
メールフォームはこちら
労働事件の歴史と実績
労働組合とのかかわり
弁護士紹介
弁護士費用
アクセス
労働審判とは
旬報法律事務所TOPへ
未払い残業代請求
法律実務マニュアル
シリーズ働く人を守る
「解雇・退職」
シリーズ働く人を守る
「残業」
労働審判を
使いこなそう!
ドキュメント
「ブラック企業」
会社で起きていることの
7割は法律違反
facebook

残業代をあきらめない

こんなことで悩んでいませんか?

  • 毎日サービス残業している
  • 自分も残業代請求できるの?
  • 会社から残業代はないと言われた
  • 残業代が払われないまま会社を辞めることになった

一緒に「旬報法律事務所」で解決しませんか?
在職中、退職後の方などさまざまな方がご相談にいらっしゃいます。
ただし、賃金・残業代は2年の時効にかかりますので注意が必要です。
今すぐご相談ください!
残業代請求に精通した、弁護士が全力でサポートします。

残業代請求のみの場合
初回相談料0円(30分まで)

残業代請求のみの場合
着手金0円

全員が労働事件のプロフェッショナル
創業60年以上の実績

※事案により着手金0円が適用できない場合があります。詳しくは担当弁護士にお尋ねください。

法律相談 これからどうすればいいのか? どのような資料が必要か?残業代請求事件について多数の経験を持つ弁護士が親身にご相談に乗ります。

明瞭な弁護士費用

着手金
0円
報酬金(税別)
交渉の場合
経済的利益の20%
労働審判の場合
経済的利益の25%
訴訟の場合
経済的利益の30%

残業代請求のみの場合
事案によって適用できない場合があります。
その他事件に必要な実費をご負担いただきます。

交渉とは?
労働審判や訴訟といった裁判所での手続を行う前に、会社との間で交渉を行うことが多くあります。会社または会社の代理人との間で、話し合いにより解決を目指します。
労働審判とは?
労働審判は、非公開の裁判手続で、裁判官のほかに、2人の労働問題に明るい民間人(参与員)が関与します。原則3回以内の手続きで、合意による解決を目指します。平均的に約2か月半で手続が終了しています。当事者間で合意できなかった場合には、裁判所の判断が示されます(審判)。当事者のどちらかが審判に異議を申し出ると、通常の訴訟に移行します。
訴訟とは?
訴訟は、公開の法廷で行う裁判手続で、当事者が提出した証拠に基づき裁判官が判断を下します。厳密な立証が必要とされ、証拠となる資料の有無が勝負の分かれ目となります。労働審判に比べると手続が長期化する傾向にあります。

【報酬金の金額例】

  • 残業代として150万円を請求して会社から100万円が支払われたケース
  • 交渉で解決した場合、回収した100万円の20%=20万円(税別)
  • 労働審判で解決した場合、回収した100万円の25%=25万円(税別)
  • 訴訟で解決した場合、回収した100万円の30%=30万円(税別)

弁護士紹介へ

旬報法律事務所の実績

ケース1:名ばかり管理職の残業代請求(日本マクドナルド事件)

管理職だから残業代はないとされていたマクドナルド店長Aさんの残業代請求事件で、勝訴判決を勝ち取りました。判決は、Aさんが、勤務実態が通常の労働者と変わらないいわゆる「名ばかり管理職」であると認めました(東京地裁 平20.1.28判決 労判953号10頁)。

ケース2:みなし労働時間制労働者の残業代請求(阪急トラベルサポート事件)

「事業場外みなし制」によって残業代はないとされていた添乗員7名の残業代請求事件について、勝訴判決を勝ち取り、約3000万円を回収しました。最高裁は、海外で1人で働く添乗員であっても、事前に細かい行程の指示があり、添乗中も携帯電話による連絡が可能で、帰国後にも詳細な報告を行うことなどから、「事業場外みなし制」は適用できないと認めました(百選●最高裁 平26.1.24判決 労判088号5頁)。

ケース3:年俸制労働者の残業代請求

証券会社のトレーダーの残業代請求事件。高額の年俸を得ていたため、会社は、年俸の中に時間外労働に対する残業代も含まれていると主張しました。しかし、裁判所は、本件では残業代が発生するとの心証を示し、過去2年分の残業代を支払う内容の和解が成立しました。

ケース4:介護職の残業代請求事件

裁判所の証拠保全手続きで就業場所からタイムカードや勤務シフト表、連絡ノート等のコピーを取得し、それらに基づいて残業代を請求した事案。本訴で505万円を請求し、和解で400万円を回収しました。

これまで多数の残業代請求事件を取り扱ってきた旬報法律事務所の経験を活かし、残業代請求の実務に関する知識とノウハウを網羅したマニュアル本を出版しています。多くの労働者や労働者側で事件に取り組む弁護士にご活用いただいています。

未払い残業代請求 法律実務マニュアル

残業代請求Q&A

どういった場合に残業代が発生するの?
会社で決められた労働時間を超えて労働すれば残業代が発生します。
また、1日8時間又は週40時間を超えて働いた場合には、法律に定められた割合による割増賃金が発生します。
※例外あり
残業代の時効は?
毎月の給与の支払期日から2年です。
会社を辞めた後でも、請求時から2年分については遡って請求できます。
タイムカードがなくても請求できる?
できます。
日報やパソコンのログなどから請求が認められることがあります。
また、弁護士なら会社が持っている証拠を収集することができます。
どんな解決手続きがあるの?
交渉・労働審判・訴訟などがあります。
訴訟だけでなく、交渉で解決することもできます。
また、短期間で終わる労働審判を利用することもできます。

法律相談 これからどうすればいいのか? どのような資料が必要か?残業代請求事件について多数の経験を持つ弁護士が親身にご相談に乗ります。