東京・有楽町の旬報法律事務所。20名超の弁護士が、解雇・退職、賃金・残業代等の労働事件の他、破産、相続・離婚等の事件、法律相談を扱い、労働審判も多く手がけます。
法律相談 詳細はこちら
過労死
マタハラ
お電話でのお申込み TEL:03-3580-5311
メールフォームはこちら
労働事件の歴史と実績
労働組合とのかかわり
弁護士紹介
弁護士費用
アクセス
労働審判とは
旬報法律事務所TOPへ
未払い残業代請求
法律実務マニュアル
シリーズ働く人を守る
「解雇・退職」
シリーズ働く人を守る
「残業」
労働審判を
使いこなそう!
ドキュメント
「ブラック企業」
会社で起きていることの
7割は法律違反
facebook

トピックス

バックナンバー詳細

雑誌「判例時報」に担当事件が掲載されました ◆ 徳住堅治、細永貴子2017-12-26

12/21発行の雑誌「判例時報 No.2349」に、当事務所の徳住弁護士・細永弁護士が、上田貴子先生と共に担当した事件の判決が掲載されました。
証券会社の営業員に対する外務員資格抹消処分を取り消す旨の判断がなされました。
前例のない判断の為、注目されます。

判例時報 No.2349
<行政>
一 金融商品取引法六四条の五第一項に基づく外務員登録取消処分の取消訴訟と当該外務員の原告適格
二 金融商品取引法六四条の五第一項に基づく外務員登録取消処分が、同項の定める処分要件を欠き、違法であるとされた事例
三 金融商品取引法六四条の五第一項に基づく外務員登録取消処分が、行政手続法一四条一項本文の定める理由提示の要件を欠き、違法であるとされた事例
(東京地判平29・4・21)
http://hanreijiho.co.jp/wordpress/book/%E5%88%A4%E4%BE%8B%E6%99%82%E5%A0%B1-no-2349/