東京・有楽町の旬報法律事務所。20名超の弁護士が、解雇・退職、賃金・残業代等の労働事件の他、破産、相続・離婚等の事件、法律相談を扱い、労働審判も多く手がけます。
法律相談 詳細はこちら
過労死
マタハラ
お電話でのお申込み TEL:03-3580-5311
メールフォームはこちら
労働事件の歴史と実績
労働組合とのかかわり
弁護士紹介
弁護士費用
アクセス
労働審判とは
旬報法律事務所TOPへ
未払い残業代請求
法律実務マニュアル
シリーズ働く人を守る
「解雇・退職」
シリーズ働く人を守る
「残業」
労働審判を
使いこなそう!
ドキュメント
「ブラック企業」
会社で起きていることの
7割は法律違反
facebook

トピックス

バックナンバー詳細

◆ 当事務所の所属弁護士の名を騙る振り込め詐欺にご注意ください ◆2019-09-04

最近、当事務所の所属弁護士の名を騙る振り込め詐欺が確認されました。

「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」と題するハガキの差出人名である「法務省管轄支局民間訴訟告知センター」なる連絡先に電話をすると、当事務所所属弁護士の名前と当事務所とは無関係の連絡先を告げられ、訴訟取り下げ費用の請求をされるというものです。

万一、上記のような架空の書面を受領されたり、振り込め詐欺の被害に遭われた場合は、最寄りの警察署にご相談ください。
当事務所や当事務所所属の弁護士は、かかる架空請求や振り込め詐欺などとは一切関係ありません。
心当たりのない連絡などを受けた場合には十分にご注意ください。


法務省からも注意喚起がなされています。
【法務省の名称等を不正に使用した架空請求により被害が発生しています】
http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/hisho06_00434.html