1954年創立。東京・有楽町の法律事務所。
20名超の弁護士が、解雇・退職、賃金・残業代等の労働事件の他、破産、相続・離婚等の事件、法律相談を扱い、労働審判も多く手がけます。
法律相談 詳細はこちら
お電話でのお申込み TEL:03-3580-5311
メールフォームはこちら
事務所紹介
弁護士紹介
弁護士費用
アクセス
法律問題Q&A
過労死
マタハラ
労働問題は弁護士にお任せ!
未払い残業代請求
法律実務マニュアル
労働問題は弁護士にお任せ!
シリーズ働く人を守る
「解雇・退職」
労働問題は弁護士にお任せ!
シリーズ働く人を守る
「残業」
労働問題は弁護士にお任せ!
労働審判を
使いこなそう!
労働問題は弁護士にお任せ!
ドキュメント
「ブラック企業」
労働問題は弁護士にお任せ!
会社で起きていることの
7割は法律違反
facebook

トピックス

バックナンバー詳細

担当事件が報道されました ◆ 新村響子、蟹江鬼太郎2017-06-21

当事務所の新村弁護士、蟹江弁護士が担当している事件が各種メディアで報道されました。
転籍を断ったことを理由とした降格・配置転換を命じられ、それに対して配転無効等を求め労働審判に至りました。
下記ウェブニュースに詳細が記載されております。

「カーテンの洗濯作業をしてください」勤続33年・部長に言い渡された突然の辞令
管理職から一転、現場作業員へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170609-00010008-bfj-soci&p=2
https://www.buzzfeed.com/jp/kazukiwatanabe/20170609?utm_term=.qnZ3OwLnm#.oydbYMn6K

勤続30年超の部長「転籍」拒否で降格、工場で肉体労働…労働審判「元の部署に」
https://www.bengo4.com/c_5/n_6204/

転籍拒否男性 課長での職場復帰命令 東京地裁
https://mainichi.jp/articles/20170610/k00/00m/040/063000c

ページの先頭に戻る