1954年創立。東京・有楽町の法律事務所。
20名超の弁護士が、解雇・退職、賃金・残業代等の労働事件の他、破産、相続・離婚等の事件、法律相談を扱い、労働審判も多く手がけます。
法律相談 詳細はこちら
お電話でのお申込み TEL:03-3580-5311
メールフォームはこちら
事務所紹介
弁護士紹介
弁護士費用
アクセス
法律問題Q&A
過労死
マタハラ
労働問題は弁護士にお任せ!
未払い残業代請求
法律実務マニュアル
労働問題は弁護士にお任せ!
シリーズ働く人を守る
「解雇・退職」
労働問題は弁護士にお任せ!
シリーズ働く人を守る
「残業」
労働問題は弁護士にお任せ!
労働審判を
使いこなそう!
労働問題は弁護士にお任せ!
ドキュメント
「ブラック企業」
労働問題は弁護士にお任せ!
会社で起きていることの
7割は法律違反
facebook

トピックス

バックナンバー詳細

◆ 9/30 旬報9条の会講演会「世界が求める憲法9条」のお知らせ ◆2017-08-17

 2017年5月3日の憲法記念日、安倍首相は、日本国憲法9条を2020年までに改正し、自衛隊の存在を明文化するとして「9条3項の加憲」に言及しました。自衛隊を憲法に明記することは、既に憲法に明記のある国会や内閣、最高裁などの組織と同等の正統性を自衛隊に認めることに他なりません。
 「加憲」という一見賛同を得やすい形を示しながらも、秘密保護法、安保法案、共謀罪と強行採決を続けてきた安倍政権が目標としているのは、あくまで9条自体の改悪であることは明らかです。
 このような安倍政権下において、私たちは、改めて、憲法9条を守り続く意義を問い直し、『戦争ができる国づくり』に反対する声をさらに広げていく必要に迫られてきます。

 そこで、旬報9条の会では、来たる9月30日、『活憲』を提唱する元朝日新聞記者の伊藤千尋さんをお呼びして、あるべき日本国憲法の姿を語っていただくことにしました。
 伊藤さんは、コスタリカ、ウズベキスタン、キューバなど、世界各国を股にかけ、各国の在り方を伝えてきた方であり、「九条の会」の世話人でもあります。多彩な経験を背景に、我々の視野を広げてくれるに違いありません。伊藤さん自身も、講演時間をめいっぱい使い、絶対にご来場者の方々を楽しませるとの意気込みを語っていただいておりますので、是非皆様お誘い合わせの上、ご来場ください。
(※詳細については、チラシをご覧ください)

日 時 9月30日 14:00開演(13:30開場)
場 所 中央大学駿河台記念館 420号室
参加費 無料
チラシPDF

ページの先頭に戻る