1954年創立。東京・有楽町の法律事務所。
20名超の弁護士が、解雇・退職、賃金・残業代等の労働事件の他、破産、相続・離婚等の事件、法律相談を扱い、労働審判も多く手がけます。
法律相談 詳細はこちら
お電話でのお申込み TEL:03-3580-5311
メールフォームはこちら
事務所紹介
弁護士紹介
弁護士費用
アクセス
法律問題Q&A
過労死
マタハラ
労働問題は弁護士にお任せ!
未払い残業代請求
法律実務マニュアル
労働問題は弁護士にお任せ!
シリーズ働く人を守る
「解雇・退職」
労働問題は弁護士にお任せ!
シリーズ働く人を守る
「残業」
労働問題は弁護士にお任せ!
労働審判を
使いこなそう!
労働問題は弁護士にお任せ!
ドキュメント
「ブラック企業」
労働問題は弁護士にお任せ!
会社で起きていることの
7割は法律違反
facebook

トピックス

バックナンバー詳細

担当の過労死事件が報道されました ◆ 蟹江鬼太郎2018-09-13

川人博弁護士、鈴木満弁護士との担当事件が報道されました。

トラックドライバーの男性(当時52歳)が心臓疾患で死亡したのは長時間労働による過労死だとして、男性の遺族が川口労働基準監督署に労災申請した。遺族代理人の川人博弁護士らが10日記者会見し、明らかにした。1カ月あたりの残業時間は100時間超が恒常化し、発症前1カ月は約158時間に上っていたという。

男性は東京都足立区の運送会社に勤めた武田正臣さん。お菓子を大手スーパーの物流センターに配送する業務などを担当。午前2時ごろから働き始め、普段は午後5時ごろまで、繁忙期は午後11時ごろまで勤務していたという。今年4月28日に配送先で倒れ、致死性不整脈で死亡した。

代理人弁護士らが残業を調べたところ、タイムカード上の労働時間外に荷積みなどを行い、実態は会社が管理していた時間より月50~60時間多かった。同社は別会社を設け、従業員を運転業務と荷積みなどの業務に分担する形で雇用していたという。同社の代理人弁護士は取材に「真摯(しんし)に対応したい」と話した。


●残業は過労死ラインの倍 遺族「かけがえない家族」(テレビ朝日)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000135901.html

●過労死 トラックドライバー残業月158時間 労災申請(毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20180911/k00/00m/040/048000c

●運転手の突然死、労災を申請(朝日新聞)
https://digital.asahi.com/articles/DA3S13672464.html

●働き方改革で置き去りのトラック業界、運転手「過労死」で労災申請…残業150時間超、睡眠1時間半の日も(弁護士ドットコム)
https://www.bengo4.com/c_5/n_8509/

ページの先頭に戻る