1954年創立。東京・有楽町の法律事務所。
20名超の弁護士が、解雇・退職、賃金・残業代等の労働事件の他、破産、相続・離婚等の事件、法律相談を扱い、労働審判も多く手がけます。
法律相談 詳細はこちら
お電話でのお申込み TEL:03-3580-5311
メールフォームはこちら
事務所紹介
弁護士紹介
弁護士費用
アクセス
法律問題Q&A
facebook

不動産

不動産のトラブルは、強制執行や登記など、複雑な法律知識が必要となることが多いので、まずは専門家である弁護士に相談しましょう。

ここでは、借主が賃料を滞納している場合の貸主の相談についてご説明しますが、それ以外の問題でも、当事務所の弁護士が、お困りの事案に沿った解決案をご提示します。
その他の不動産関係のご相談もお受けしています。お問い合わせください。
詳細はこちら(Q&Aへ)

借主が賃料を払ってくれない

借主が賃料を払わないまま、何ヶ月も居座ってしまうと、貸主は大変な損害になります。このような人には早く出て行ってもらって、もっときちんと賃料を払ってくれる人に貸したいと思うでしょう。

 

ただし、いくら賃料を払っていないからといって、貸主が勝手に鍵を変えたり、借主の荷物を処分することは出来ません。立ち退いてもらうには、法律的な手順を踏む必要があります。

 

以下の手続きを、弁護士がサポートし、迅速な解決にのぞみます。
なお、借主に保証人がいるときには、保証人にも、未払い賃料を払うよう請求することが出来ます。