事務所ブログ

同性婚を認めないことは違憲!札幌地裁で歴史的な判決

*旬報法律事務所・所報(2021年夏号)Up To Now*

 

2021年3月17日、札幌地方裁判所は、同性間の婚姻を認めない現行の法律は、法の下の平等を定める憲法14条1項に反し違憲であるとの、日本で初めての歴史的判決を言い渡しました。

この判決は、2019年2月14日に全国で一斉に提訴された、いわゆる同性婚訴訟に関して、初めて下された司法の判断です。

本判決は、法律上同性の者同士の結婚を現行法が認めていないことが、同性愛者に対する不当な差別にあたり違憲であるとした点で画期的であり、高く評価できます。

私も、東京での訴訟に参加する弁護団員として、このような判決が出たことをうれしく思うとともに、東京地裁でも違憲判決を勝ち取れるよう、より一層尽力していこうという決意を新たにしました。

しかし、一方で、いわゆるLGBT理解増進法案に関する議論のなかで、自由民主党の一部議員が、「LGBTは道徳的に許されない」、「種の保存に背く」といった発言をしたことが報道され、また、同法案は、国会に提出すらされませんでした。

このような事態は、日本で、性的指向や性自認についての差別・偏見が未だに根強く存在していることを如実に表しています。

今後も、弁護団活動やそのほかの広報活動を通して、性的指向や性自認についての差別・偏見のない社会の実現に向けて尽力していきたいと思います。

(弁護士 鈴木創大)

 

旬報法律事務所